金属メーカー川中商事の概要

川中商事は非鉄金属メーカーなどの事業を展開するグループ企業の中で、商社部門を担っている企業です。川中商事は、グループ内で製造された金属商品を国内外に販売する役割を果たしています。主力商品は金属でありますが、それ以外にも化成品など、幅広い商品を取り扱っています。

金属メーカー川中商事の強み

工具

広い販路を確保しています

金属メーカー川中商事の強みといえば、海外に広い販路をもっていることが挙げられます。特に中国などアジア各国に販路を広げていて、更に成長著しい東南アジアなども事業対象としています。広い販路を確保することで事業を拡大させることができ、川中商事の名を世界にアピールできます。

多くの工場や企業などで使用される商品を取り扱っている

金属メーカー川中商事では、多くの工場や企業などで使用される商品を扱っていることが特徴です。金属加工品といえば、特殊金属や伸銅品などがあります。また金属製品以外でも化成品を扱っていて、合成樹脂・ガス類・生活関連商品など、数多くの企業で使用される商品を販売しています。このように、取扱商品に幅があることも金属メーカー川中商事の強みといえるでしょう。

優れた技術力をもっている

金属メーカー川中商事では様々な商品を取り扱っていますが、ある程度分野を特化しています。その分、1つ1つの分野において優れた技術力を発揮しています。優れた技術力によって作られた商品は、各業界で高い信頼を得ています。確かな技術力と品質の高さが、金属メーカー川中商事のセールスポイントです。

金属メーカー川中商事の事業内容

現在、金属メーカー川中商事では様々な事業に取り組んでいます。もともとあった金属加工部門では、クオリティーの高い製品を取り扱っています。それ以外には化成品を取り扱う化学品部門があります。更には近年の環境問題への取り組みとして、原料サイクル部門・新素材部門などの事業も手掛けています。

金属メーカー川中商事と一般的な商事との違い

金属メーカー川中商事ではある分野の商品に特化

金属メーカー川中商事では金属や化成品など、扱う商品をある程度特化しています。商品を特化している分、細かなクライアントメンテナンスが可能となります。また、特定分野における人脈などを豊富にすることができます。狭く深くというビジネススタンスを取るのが大きな特徴です。

一般的な商事はビジネスの規模が広い

一般的な商事では、稼げるものなら何でも扱うというスタンスでビジネスを行います。広く浅くというスタイルですが、ビジネス規模はとても大きくなります。また扱う分野に制限がないので、ビジネスの自由度がとても大きいです。

多様な部門がある川中商事【海外でも注目されている企業】

作業員

金属メーカー川中商事の部門ごとの役割とは

金属メーカー川中商事では、金属加工部門など様々な部門が活躍しています。そして最近注目されているのが、原料リサイクル部門です。金属メーカー川中商事では、様々な電子機器などを再び資源として活用できないかと考えています。また、再資源化された製品を活用してもらうべく販路を広げています。また海外部門では、海外でも日本国内と同じレベルでサービスを提供できるように努めています。このように様々な部門が活躍することで環境に配慮したり、海外展開を広げたりすることが可能となっています。

広告募集中